錦生を歩く Walk

百地三太夫屋敷

百地三太夫屋敷(名張市まちかど博物館)




百地三太夫は、戦国時代初期、
どの武将にも付かず独立していた伊賀の里の上忍(郷士(地侍)で、
地主として小作人たちを支配していた階級)で、同じく上忍であった
服部家と藤林家とともに伊賀の里のリーダーシップをとる家でした。

生年は永正9年(1512年)、没年は天正9年(1581年)と言われています。

百地三太夫と言う人物を語るうえで外せないのが「天正伊賀の乱」です。
“天下布武”の名の下に天下取りに邁進していた織田信長に最後まで抵抗した忍者として語りつがれます。

天正7年(1579年)の「第一次天正伊賀の乱」では、
伊賀軍は織田信雄軍を退けましたが、2年後の天正9年(1581年)には、
信長が直々に指揮を執り、大軍を動員して伊賀に攻め込んだ結果
(「第二次天正伊賀の乱」)、伊賀忍者は大敗を喫し、百地三太夫らも
赤目地区の柏原城砦へ逃れ、篭城戦を行った末に多くの仲間と共に最期を迎えました。


竜口の百地三太夫屋敷は彼の生家として往時の面影を残しており、
三重県の「まちかど博物館」に指定され、公開されています。

 

投稿時間 :2012年09月10日(月)10時32分04秒

関連記事

ページの先頭へ